男の人と女の人

弁護士・税理士を頼ろう|相続放棄の手続きから相続税のことまで

  1. ホーム
  2. 控除制度と税理士

控除制度と税理士

メンズ

相続税にも様々な控除が存在しているため、控除によって相続税が安くなる可能性があります。例えば、基本的な基礎控除などは誰もが受けられる相続税に関する控除で基本控除額は5000万円+1000万円×法定相続人の数が課税遺産総額になります。亡くなった方の財産が基本控除額以下である場合は相続税を支払う必要が無いので問題ありません。また、相続税の申告などもする必要はありません。しかし、基礎控除額以上の場合は相続税を支払わなくてはならないので死後10ヶ月以内に申告書を提出しなければなりません。基本控除の他にも、贈与税額控除などのように相続開始の3年以内に贈与された財産は相続税の対象となってしまいます。ですから、生前贈与などの際に支払った贈与税から相続税を差し引くので贈与税分は控除になるのです。また、配偶者が相続人である場合は法定相続分や1億6000万円以下であれば税金を支払う必要はありません。配偶者控除は婚姻届が役所に提出されていれば婚姻期間などに関係なく適応される控除となっているので婚姻期間がたとえ1日である場合でも控除を利用する事が出来ます。また、未成年が相続人の場合も、未成年者控除金という物があるのでこれを利用するようにしましょう。

相続税関係の控除という制度があり、相続税を安くする事が出来ます。例えば、相続する方が亡くなった方の奥さんである場合は1億6000万円以下であれば相続税を支払わなくても良いのですが、成人した息子や娘である場合は相続税を支払う必要が出て来ます。そのため、多くの方は生前に相続税対策などを税理士の方に頼んでおくととても便利なので出来る限り税の知識のある税理士一緒に相続人を決めておくことが相続税対策になります。死後の家族の事を考えて生前から死後の相続税に関する全てをサポートしてくれるような税理士に依頼しましょう。