男の人と女の人

弁護士・税理士を頼ろう|相続放棄の手続きから相続税のことまで

  1. ホーム
  2. 相続の発生と税金

相続の発生と税金

パソコンを操作する男性

相続税という言葉を聞いて、具体的な説明を出来る方は少ないでしょう。まず、相続税に関する依頼を行なうのであれば、相続税についてある程度知ってから依頼する用意をすることが大切です。相続税は、亡くなった方が残した遺産を相続した際にかかる税金のことを相続税と言います。ここまでは比較的多くの方が知っているでしょう。しかし、この税金がどのタイミングでかかり、どのような事で税金がかかってしまうのかを知らない人が多いのです。まずは相続が発生するタイミングを知りましょう。財産の相続は、財産を持った方が亡くなった時から発生します。亡くなってしまった数ヶ月、残っている財産をどのように分配するべきかの話し合いなどが持たれる場合などもあるので、実際に財産が相続されるのはかなり後になってしまいますが、相続自体は亡くなってから発生するということを覚えておきましょう。相続が発生すると自然と相続税もかかってきます。突然事故などで亡くなってしまった場合などはその方が亡くなった方が財産をどのように分け与えるということを決めていないという場合があります。遺言書に相続人が指定されていない場合は相続人を確定させなければなりません。相続税は相続が発生したと同時発生するのですが、発生してから申告、納税までの期間が短いのでできるだけ早く相続人を決定して税理士の方に相談しましょう。遺言書などに相続人が記されている場合などは遺贈と言いますが、この場合も相続税の対象となるので相続が発生した時にすぐに税理士に相談して相続税対策を行ないましょう。